について

Bonairの歴史

“BONAIR MISURINAは壮大な地で吸い込んだ空気を養分にしながら育った若い女性のビジョ
ンと創造物です。ミズリーナ湖: ドロミーティの真珠 ”

Chiara Bonel 氏は山々のより新鮮な空気を素敵なボトルに詰めました。良好さ、幸福、 新鮮さに満ち溢れた革新的なものです。彼女の目的は世界中のすべての人々にボネアの素 晴らしい空気を広めることです。

Chiara Bonel

氏 創設者 & 代表取締役

について

新たな要求への解釈

“大気汚染は人々の健康に影響するより大きなリスクがある・毎年早熟 な300万人もの人々が亡くなっています”.

世界保健機関  (2016年5月)

私たちは生きるためにそこにある空気(私たちの健康に直に影響する)を吸っています。
大気汚染の影響は人々に大きな害を与えます。何百万人という人々がスモッグ、公害、有
毒物質の混合する大気の中で生活しています。
私たちの新たな要求に焦点を当てて、私たちの生活を守る義務を果たすための一歩を意識
して踏み出さなければならないのです。

呼吸 綺麗な空気

遠ざかる スモッグ

洗浄する 体と心

について

ミズリーナ湖

BONAIR MISURINAは世界遺産のドロミーティで生まれました。麓にはトレ・チーメ・ディ・ ラバレード(三つの巨岩)に恵まれ、最高にきれいで澄んだ空気で知られている魅惑の湖 です。喘息の療養地として最適な場所でもあります。高地に住む利点は科学的にも証明さ れています。

これらの肯定的な効果に関するデータのほとんどはアルプスで評価されてい るヨーロッパセンターからのものです。

ダボス

スイス

ミズリーナ

イタリア

ブリアンソン

フランス

について

空気のクオリティー

高い 標高

ミズリーナ エコシステム

適切な 湿度

この3つの条件が大気汚染によるアレルゲン(ダニ、花粉)を縮小させる環境を作り出し ます。

ミズリーナの空気の品質はA.R.P.A.V.の 検査で確認されています。

(ヴェネト州の環境予防保護のための地域機関)

について

療養地

ミズリーナは「Pio XII 機関」という国の医療機関と合意している小児呼吸器科の診断と 治療センターです。

ミズリーナの好気候条件は呼吸器官に疾患のる喘息やアレルギー患者に最も適した環境 を作り上げています。慢性疾患や再発の恐れのある方や薬物治療を避けたい方に最適な療 養地です。

について

事例研究

集められたミズリーナの空気ボンベは*化学物質過敏症の5歳の子供に役立ちました。 2011年に医療チームは、8本のボンベで小さな子供をイギリスで治療できるまでに回 復させることができました。

“イギリスへ移動するために必要なのは酸素ではなく純粋な空気でした。こうしてミズリ ーナの空気は供給されることになりました。完全に純粋な空気は子供に害を与えることは ありません。”

*化学物質過敏症: 数え切れない合成および天然物質により健康被害が引き起こされる。 患者は限られた場所で生活することを余儀なくされる。

価値を見る

news_events